歴史的価値があるかも!茶道具の買取は専門業者へ

茶道具の買取専門業者にまずは相談!無料査定で安心買取

作家の名前がある

茶道具が保管されている木箱に烙印や作家の名前が入っていると、買取金額が向上することもあります。木箱が汚いからといって捨てないようにしましょう。乾いた布で軽く拭くだけでも綺麗になる場合がありますよ。

茶道具の種類の紹介

茶碗

茶道具と言えば茶碗と呼べるほど、茶道具の中ではメジャーな物ですが薄茶用や濃茶用などに分かれています。また、椀型や沓形などの種類によって価値が変わってくる場合もあります。

薄器・棗

薄器は茶を入れる容器のことを指しますが、主に薄茶専用の容器になっています。形が植物である棗の実に似ていることから「なつめ」と呼ばれることもあり、有名作家が残した薄器も多いとされています。

茶入れ

濃茶専用の容器を茶入れと呼びます。茶入れは陶器と仕覆という布がセットになっているため、両方とも揃っていると買取価格も上がるとされています。作家の烙印の有無も重要なので調べておくといいでしょう。

茶杓

茶杓はお茶をすくう茶道具になっています。昔は茶会の度に茶杓を作っていたため、保管されることがなく歴史的に残っている物が少ないとされています。倉庫に眠っている茶杓があればかなり価値がある物の可能性もありますね。

茶筅

茶筅はお茶を点てる時に使う茶道具になっており、先端が欠けやすいという特徴もあって保管が難しいとされています。茶筅を高値で売ろうと考えるのであれば保存箱の木箱を残しておくといいでしょう。

歴史的価値があるかも!茶道具の買取は専門業者へ

骨董品

文化の一つ

文化の一つでもある茶道は古い時代から続いています。またこの茶道に使う茶道具も古くから引き継がれている物もあるので価値のある物もあります。もし代々受け継がれてきた茶道具を手放すのであれば、茶道具の価値をしっかりと理解するしてくれる業者に売るようにしましょう。

骨董品を買取る業者

もし、茶道具を売るなら骨董品の買取も行なう業者に依頼するといいでしょう。骨董品を扱う業者には歴史に強い鑑定士が在籍していることが多いため、万が一価値のある茶道具の査定を依頼した場合でもしっかりと見極めてくれるでしょう。

高く売る方法

歴史的に価値のない茶道具であっても高額買取してもらう方法があります。急須や茶碗などの単品で買取依頼をするのではなく、一式で査定してもらうほうが買取金額は高くなります。また、買取業者に査定を出す場合は一社ではなく複数に依頼するほうがいいですよ。

インターネットも参考に

茶道具の焼の種類などを知っているのであれば、インターネットを使って買取相場を調べてみるのもいいでしょう。相場を理解しておくことで、買取業者相手に交渉することも可能になってきます。交渉する場合はしつこく食い下がり過ぎないように注意しましょう。

広告募集中